サイトマップ個人情報保護方針


HOME >> 患者のみなさまへ >> 施設長ごあいさつ

施設長ごあいさつ



研修施設長 藤野 茂 近代歯科インプラントはスウェーデンのブローネマルク教授らによる、骨とチタン金属インプラントが高い親和性を持って結合するというオッセオインテグレーションと呼ばれる概念の発見を基に開発されました。その後、世界中のインプラントメーカーが多種多様のインプラントを開発し、多くの歯を失った患者さんに使用されるようになりました。

現在の歯科治療の中でインプラントは重要な治療のひとつとなっています。 そして、今後、歯科インプラントが人々の健康寿命を助けるため果たす役割はますます大きくなっていくと考えられます。

しかし、オッセオインテグレーションというすばらしい発見も、生物学的に正しい使い方をしなければ、良い治療の成果を得ることはできず、そればかりかさまざまな問題点を残すことになります。 公益社団法人 日本口腔インプラント学会は患者さんに安心で安全にインプラント治療を受けていただくために、インプラント専門医制度をつくりました。現在、日本口腔インプラント学会には、一般正会員のほかに専修医、専門医、指導医の資格があります。

一般社団法人 インプラント再建歯学研究会は安心で安全なインプラント治療をめざすという理念のもと、日本口腔インプラント学会の認定研修施設として2009年に発足しました。 現在、これらの資格取得のための研修会を毎年100時間以上にわたり開催し、多くの先生方が研鑽を積みながら、多岐にわたる歯科治療の最新情報を学んでいます。 私どもは、インプラント治療の正しい知識や技術を日々の治療を通して、皆様ひとりひとりの健康で快適な生活のために役立ててまいりたいと思います。


研修施設長 藤野 茂