サイトマップ個人情報保護方針


HOME >> 歯科医師関係者のみなさまへ >> 施設長ごあいさつ

施設長ごあいさつ



理事長(施設長)八木原 淳史  当施設は、公益社団法人日本口腔インプラント学会認定研修施設として2009年に開設いたしました。
2017年現在、会員200名、うち学会指導医7名、専門医31名、専修医14名で構成され、臨床技術向上の研鑽と会員同士の親睦を目的に活動しています。
平成29年は会員の5名が専門医取得、4名が専修医取得いたしました。
おかげ様で、2018年も20名の新しい仲間が増えました。

半世紀ほど前に始まった口腔インプラント治療は、現在では確立された欠損補綴法として社会的にも認知されています。とはいえ人類の歴史の中で、まだほんの50年です。歯学教育としては、始まったばかりと言ってよいでしょう。

歯科医療にかかわるものであれば、インプラント治療は様々な分野に精通している必要があることはよくわかっているはずです。それを系統立てて学び、知識と技術をアップデートし、情報を共有できる場を持つことは、臨床家にとって大きな価値を生み出すことになります。

当施設の認定講習会では大学教授陣・著名臨床家を中心に、幅広い分野のレクチャー・実習を用意しております。
研修会場は「東京駅・八重洲中央口から地下道徒歩3分」という抜群のアクセスです。
これからインプラント治療を学ぼうという方にも、専門医へのステップアップを目指す方にも、個別に対応していきます。
認定講習会終了後は施設内研修会、懇親会を通じて、同じ志の仲間を作るのにも、最高の環境です。
相談できる友人が身近にいることは、臨床技術向上の最も近い道といえます。
興味ある皆様の参加を、心よりお待ちしております。楽しみながら、上を目指しましょう。


理事長(研修施設長) 八木原 淳史